本文へスキップ
HOME 旧魂 セキュリティ 蛍&その他 購入方法 困った時は 掲示板
トラブルシューティング
※必ず整備士等で電気的知識、正しい工具の使用方法が分かっている人物で取り付けをお願いします。
(正しい圧着工具等を使用せず接触不良等で初期不良を申し出される方がおりますが保証外有料修理となります)
※バッテリーのアースは必ず抜いて車両の電気をOFF状態にして作業してください。
※本説明書の内容及び用語 等をご理解頂けない場合は危険ですので
ショップ等でお取付される事をお勧めいたします。


全ての画像はクリックで拡大が出来ます。
 
圧着端子
端子の圧着には、専用工具を使って確実に圧着して下さい。
絶対にペンチ・ニッパ・プライヤー等で代用しないで下さい。

また、銅線の部分と端子は 確実に接触するように圧着して下さい。
                              (当然の事ですが)
右の写真のような状態では、電気は流れ
ません。 

ギボシ端子のかしめ方は、こちらを参考にして下さい。
写真1
セミトラ1ポイント用&2ポイント用
      
初めに必ず
イグニッションコイルの抵抗値が3オーム以上有るか測定して下さい。
3オーム以上無ければ本体は、壊れますもちろん保証対象外です


*エンジンが掛からない&掛かるけど安定しない。
1、ボディーアースのアース不良
  バイクは、思いの外塗装が厚い為 比較的アース不良が起きやすいです。
  ペーパーやヤスリ等で必ず金属部分を露出させてから取り付けて下さ。

2、電源不良
  エレクトロタップは、絶対に使用しないで下さい
                        (プロなら当然ご存知だと思いますが)  
  確実に圧着するか半田付けをして下さい。
  ただ確実に接続して有って12Vが来ていても、その配線が
  細かったり老化していて電流的に容量不足な場合が有ります。
                        (旧車は要注意)
  そのときは、プラス電源を取る場所を変えるか
  別途リレーを付けてバッテリーから直接電源を供給して下さい。

3、配線ミス
  もう一度、配線を見直して下さい。
  青がIGコイルのマイナス 黄色がポイントです。
  また、2ポイント用は、
  1番3番用コイルと1番3番用ポイント 2番4番用コイルと2番4番用ポイントが
  逆になっている可能性が有ります。


写真1

写真1

写真1
イグニッションブースター
初めに必ず
イグニッションコイルの抵抗値が3オーム以上有るか測定して下さい。
3オーム以上無ければ本体は、壊れますもちろん保証対象外です


基本的には、セミトラと同じような原因が考えられます。

*エンジンが掛からない。
1、ボディーアースのアース不良
  バイクは、思いの外塗装が厚い為 比較的アース不良が起きやすいです。
  ペーパーやヤスリ等で必ず金属部分を露出させてから取り付けて下さ。

2、電源不良
  エレクトロタップは、絶対に使用しないで下さい
                      (プロなら当然ご存知だと思いますが)
  確実に圧着するか半田付けをして下さい。
  ただ確実に接続して有って12Vが来ていても、
  その配線が細かったり老化していて
  電流的に容量不足な場合が有ります。(旧車は要注意)
  そのときは、プラス電源を取る場所を変えるか
  別途リレーを付けてバッテリーから直接電源を供給して下さい。

3、配線ミス
  もう一度、配線を見直して下さい
  赤がIGオンで12Vが来る配線 黄色IGコイルのプラスです。
  赤と黄色を間違えると(逆接すると)故障します。
 
 その場合は、修理不可能です。もちろん保証対象外です
     
写真1

写真1

写真1